保育日誌

2月8日(木)年長さんが、壬生町の「おもちゃ博物館」へ遠足に行きました。

室内には、ボールプールをはじめ、沢山の遊具があり、子ども達は思い思いの遊びを楽しみました。

お昼はお家の方の手作りお弁当で、子ども達はまた大喜び。周りのお友達にも、可愛いお弁当を見せ

合いながら、嬉しそうに食べる子ども達の笑顔が印象的でした。

2024.02.08

節分の豆まき

2月1日(木)少し早い豆まきを、東側駐車場で行いました。

各学年ごとに分かれて、豆を投げる人、投げられる鬼役などに自由に分かれ、

思い切り投げていました。

みんなの心の中のやっけたい鬼は、何だったのかな?

この日は、真岡消防署の消防士さんたちに来ていただき、消火訓練の実践をしました。

先生方が体験した後は、年長児の子ども達も2人一組で体験しました。

消火器はとても重くて、年長さん2人で、やっと消火活動が出来る重さでした。

最後の質問コーナーでは、消防士になるには、どうしたら良いか・・などの質問が子ども達からあり、

「たくさん食べて、たくさん寝て、たくさん勉強する」と教えて頂きました。

乾燥が続くこの時期は、火災が多いので、お家の人にも火には十分気を付けるよう伝えてくれた子ども達でした。

磯山保育

先日、今年度最後の家庭教育学級が開催され、今回は、幼稚園の保護者でもあります「養蜂業・大橋さん」のご協力のもと、養蜂体験をさせていただきました。

まず、蜂の生態やどのように花の蜜をあつめるか、巣の中では、どんな仕事をするのかなど、教えていただきました。

また、季節ごとに咲く花の、はちみつのテイスティングも用意してくださり、花によって、こんなに風味が違うのか…と親子で興味関心しながら、お好みのはちみつを選んでいました。

大橋さん、たくさんのご協力ありがとうございました。

12月にオープンしたサッカー場。

子ども達は、サッカーをしたり、ドッチボールをしたりと、色々な使い方で楽しんでいます。

年長さんのドッチボールでは、クラスで作戦を考えたりと、策を練る姿も見られます。